クレジットカード審査では単発フリーターは不利

フリーターにも審査しやすい、しづらいケースがあります。
フリーターといっても、働く形態はさまざまです。
単発のアルバイトをしている人、同じところでずっとアルバイトをしている人、年に数回しかアルバイトをしてない人など、たくさんのケースがあるでしょう。

クレジットカードの審査に通過しやすいフリーターは、一か所の職場に長く勤務しているフリーターになります。
単発のアルバイトの方が収入的には高くなることもあるかと思います。
しかしクレジットカードで重要となるのは、安定した収入があるかないかです。
単発のアルバイトだと、安定しているとは言えませんよね。
そのため収入は低くても、一か所で長く働いているフリーターの方が有利になるのです。

勤続年数が長いことも、クレジットカードの審査では有利に働きます。
単発だと勤続年数は数か月、ひどければ数日なんてことになってしまいます。
これも安定した収入とは言えなくなりますので、単発のアルバイトメインで収入を得ているフリーターはクレジットカード作成は難しいと思っておきましょう。
どのようなアルバイトでも良いのでクレジットカードを作るときだけでも、1年くらいは同じ職場で働いておきたいものです。

© 2018: フリーターのクレジットカード発行方法 | Awesome Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress